16. "非対称な複占における相対利潤最大化と価格設定行動,数量設定行動の同値性について",同志社 大学経済学論叢第65 巻4号, 同志社大学経済学会, 2014.

    15. "寡占における相対利潤最大化のもとでのCournot均衡とBertrand均衡の同値性について",
同志社大学経 済学論叢第65 巻3号,
同志社大学経済学会, 2014.

14. "逐次的・局所的に非定 値な関数についての Tychonoff の不動点定理",同志社大学経済学論叢第65 巻2号, 同志社大学経済学会, 2013.

13. "構成的数学による近似的な Nash 均衡の存在証明",同志社大学経済学論叢第65 巻1号, 同志社大学経 済学会, 2013.

12. "Gale- Nikaidoの補題の構成的数学による分析", 同志社大学経済学 論叢第64 巻4号, 同志社大学経済学会, 2013.

11. "近似 的な角谷の不動点定理の構成的数学による証明と近似的なミニ・ マックス定理について", 同志社大学経済学論叢,  第64巻3号, 同志社大学経済学会, 2013.

10. "Brouwer の不動点定理によるNTUコアの存在証明", 同 志社大学経済学論叢, 第60巻4号, 同志社大学経済学会, 2009.

9. "わかった気になる?一般均衡理論 (ブラウワーの不動点定理の証 明付き)", 同志社大学経済学論叢 , 59巻 3, 同志社大学経済学会, 2007. (pdfファイル)

8. 『グローバル・トランスフォーメーション ズ(中央大学社会科学研究所翻訳叢書1)』(デイヴィッド・ヘルド他,共訳(滝田賢治他),第3章 担当), 中央大学出版部, 2006.

7. ."二項的社会選択ルールと社会的選択 対応に関する不可能性定理 のトポロジーを用いた分析について", 同志社大学経済学論叢 , 571, 同志社大学経済学会, 2005. (pdf ファイル)

6. "進化ゲームと寡占", 経済セミナー, 200212月号, 日本評論社(もとの原稿.

5. 『ゲーム理論と寡占』, 中央大学出版部, 2001.

4. 『ゼロから始める国際経済学改訂版』, 中央大学生協出版局, 2000.

3. 『ゼロから始める経済学改訂版』, 中央大学生協出版局, 2000.

2. "不完全情報下の寡占における輸出補助金をめぐるロビー活動に ついてのゲーム理論的分析:シグナリングゲームの応用", 中央大学経済研究所年報 , 28, 中央大学経済研究所, 1998.

1. "Industrial structure policy for exporting country", 山形大学紀要(社会科学), Vol. 17, 1987.

メー ルはこちらへ      ホームペー ジへ